ヒストリー

南極観測隊

1912

大正元年

「細野防水布店」として、「東京都千代田区神田須田町2丁目23番地」にて、人力車の幌、車夫の雨合羽、その他帆布製品の製造、販売を開始しました。店主は細野貞吉。

細野防水具店

1936

昭和11年

日本最初の海外登山、立教大学山岳部による『ヒマラヤナンダコート遠征隊』のテント、リュックサック、衣類等の製造、納入をしました。

日本山岳会ヒマラヤナンダーコート登山隊

1937

昭和12年

細野防水布店を二代目細野博吉が業務を継承。

1937~

昭和12年~

日本山岳隊『マナスル登山隊』(隊長 槙有恒氏)のテント、リュックサック等の製造、納入。 以来、テント、リュックサック、登山用衣類、スキー用衣類、運動用繊維製品の製造、加工、販売が中心となりました。

日本山岳会マナスル登山隊

1952

昭和27年

日本山岳隊 「マナスル踏査隊」

1953

昭和28年

日本山岳隊 「マナスル登山隊」

1954

昭和29年

日本山岳隊 「第二次マナスル登山隊」

1954

昭和29年

京都大学 「アンナプルナ登山隊」

1955

昭和30年

京都大学 「カラコルム学術調査隊」

1956

昭和31年

日本山岳会 「第三次マナスル登山隊」

1956

昭和31年

『南極観測隊』のテント、衣類、袋物の製造、納入を開始。日本隊、アメリカ隊、ニュージーランド隊の納入は現在にまで至っています。

南極観測隊 南極観測隊

1957

昭和32年

文部省学術会議 「南極予備、本観測隊」

1958

昭和33年

神戸大学 「パタゴニア登山隊」

1959

昭和34年

日本山岳会 「ヒマルチュリ登山隊」

1960

昭和35年

明治大学 「アラスカ学術調査隊」

1961

昭和36年

全日本山岳連盟 「ビッグホワイトピーク遠征隊」

1962

昭和37年

全日本山岳連盟 「ビッグホワイトピーク第二次遠征隊」

1965

昭和40年

早稲田大学 「ローセ・シャール遠征隊」

1965

昭和40年

防衛大学 「ローガン登山隊」

1969

昭和44年

日本山岳会 「エベレスト登山踏査隊」

1970

昭和45年

日本山岳会『エベレスト登山隊』へのテント、衣類等の納入をしました。

日本山岳会エベレスト登山隊

1970

昭和45年

関東登高会 「タウラギリ登山隊」

1971

昭和46年

信州大学山岳会 「アンナプルナ2遠征隊」

1977

昭和52年

細野博吉は「卓越技能者労働大臣表彰」(現在の名工、日本の匠)を授賞しました。

現在の名工、日本の匠

1995

平成7年

細野昌昭が取締役社長に就任し業務を継承しました。

1996

平成8年

「有限会社細野商店」に改組。




Current

~現在

創業以来、帆布製品の製造、加工業として多くの登山隊(約80隊)、学術調査隊、南極観測隊(3カ国)、アラスカパイプライン等々、国内外の支持をいただき、【帆布の細野】、【テントの細野】として今日に至ります。

細野の帆布製品は船の帆などに使われていた特殊防水加工(パラフィン加工)を施した9号帆布を使用し、裁断から縫製まで全ての工程が手作業で行われています。
総ての商品において“見た目の良さ”だけを追うことなく、長年培われた、過酷な条件下で使用される野外用品の製造技術を活かし、 ”使いやすさ” はもちろんのこと、”安定性”、 ”堅牢製” を徹底的に追及しているため、30年以上使用しても立派に使用できる耐久性を誇っています。

hosono tent ski_hosono tent hosono_ruck1 HOSONO_rucksack2