裁断から縫製まで徹底したハンドメイド

工房HOSONOの商品は数人のスタッフにより、全て手作りで仕上げています。

その商品は、使い勝手のよさはもちろん、丈夫で長持ちするように、使っていただくお客様に愛着を持っていただけるように、1点づつハンドメイドで仕上げています。

その工程の一部を、今回は【 リュックSN 】を例に紹介させていただきます。

 
リュックSN

裁断

帆布生地や革のパーツを正確に裁断する。





折り付け

裁断された帆布生地に折り目をつける。これをきちんとやらないと各パーツを組み合わせたときに長さが合わなくなったりするので正確に折る。

 

部分補強

力がかかりやすい本体の背中部分や底の部分を補強する。この工程を加えることにより相当の力にも耐えられるようになる。



各パーツの縫い付け

ファスナーやポケットなどのパーツを縫い付ける。



革部分の加工

底やショルダーベルトなどの革部分のパーツを加工する。



革部分の縫い付け

革で補強する部分をミシンで縫いつける。



手縫い補強

ショルダーベルト部分などは最も力のかかる箇所なのでミシンで縫いつけた後、再度麻糸で手縫いをする。



本体の縫い付け

背中部分を縫い付ける。リュックの場合、力がかかりやすい背中部分が一番重要。一つ一つの箇所を確認しながら仕上げていく。







リュックSN

リュックSN 45x32x14cm / 20L



今回紹介させていただいたのは製造工程の一部です。

他にいくつもの工程を経て、一点一点徹底したハンドメイドにこだわり作っています。